2011年9月22日木曜日

「不良少女モニカ」を観て

こんばんは。

久しぶりの更新になり、緊張のような照れくさいような気持ちです。

昨日は、弟の部屋のデジタルテレビで、夜の12時あたりから観ることにしました。

この映画を観ようと思ったのも、先日「二人のヌーヴェル・ヴァーグ、ゴダールとトリュフォー」という映画を一人で観に行き、そこでゴダールの「勝手にしやがれ」やトリュフォーの「大人は判ってくれない」の俳優のカメラ目線に大きく影響した映画だといっていたからです。

少女のモニカは自由過ぎて、それからそれに溺れる恋人のハリー。過酷な労働を社会の理不尽な枷として、反抗するふたり。なにも責めることのできない世界の中で、人生を全うする。どれだけ無謀に見えても、そうとしかできない若い男女を撮った映画は、ゴダールとトリュフォーの映画に男女や世界、人生について既存の視点を変えて、モノクロに色を塗って世界を広げるような、胸を空く衝撃だったのではないかと思いました。

ただ、あの映画に関してはふたりの撮った「勝手にしやがれ」や「大人は判ってはくれない」のほうが綺麗にまとまっている気がします。音が少ないことと、ワンカットはとても静かで美しいけれど、どれも同じような時間の長さで入っているので、動きのないように見えるところがすこし退屈でした。退屈なんて大層なことを思うのは、自分に良さを受け止めるほどの感性がないのだろうと落ち込みましたが、きっとゴダールやトリュフォーの作る映画が面白過ぎることも原因だと思いました。

けれど「不良少女モニカ」でずっと忘れられないような忘れたくない場面は、モニカがボートの上で仰向けに自由気ままに寝そべり、ふたりで創り上げる不安定な自由全てを愛おしいく思い、ボートを操縦するハリーの二人を、十分なほど時間をかけて撮られたカットは映画そのもので、私の心の支えです。


最近の不安はもしそういうものが一切無くなったら、どうしたらいいのかわからないことです。


もう一回、観ればいいのかな。あははー




最後まで読んでいただき、ありがとうございました。





2011年2月2日水曜日

変化

昨日は久しぶりに学校の給食をクラスの友達とともに食べた.

それまでに仲の良い友達3人と恋の話で盛り上がり、ある女の子はクラスに多少曖昧な関係ではあるけれど、付き合っている男性がおり、その相手の彼は整った顔の持ち主で、給食のおかわりなどして献立を組む栄養士(おばちゃん)や女性の教頭からも好かれていた.

その程度だったらよかったけれど、そんな彼にその給食のおばちゃんが貢ぐようになったとの話で、具体的には彼は働いているので、ネクタイ、ハンカチ、時計など、彼女はその行為自体かなり憎悪していて、しかも彼がそれを身につけていることが気に入らず、ものすごい勢いで罵倒する.共感が得られないと場が収まらなさそうだったので、反論することなく、同じようなことを口にしながら彼女の自分にはない感性のようなものを見て喜んでいた.もうひとりは、その話を何度も聞いていたようで顔に少し疲労が伺え、そちらのほうが心配だったが、怒りの収まらない彼女は真新しいキャスター付きの椅子で遊び始めた.実際には図書室にはいけないがそこへ行くための橋の上で話しをしていて、その細い通路に椅子を勢い良く押し、どこまで行くかをやっていた.ふたりとも一瞬言葉に詰まり、それから一斉に笑っては彼女を眺め、いったい何が楽しいのかとかいつまでやるんだろうとか、考えては笑い、傷つかないようになにしてんのと笑って声をかけるものの、一向に止めない.彼女のそういうところに魅力を感じる.単純で可愛らしいところ.そしていろんな形になって押したり、乗ったり、椅子の下に寝っ転がって落ち着くまでに多分たっぷり10分以上はあった.やりきった彼女を見て笑っては話し、3人とも無意味な橋の上でごろごろと横たわった.

そしてひとりは遅刻して授業へ行き、そのまま残った自分と椅子で遊んでいた彼女はそこで彼女の以前付き合っていた男性のブログの話をした.話しによるとその男性は支離滅裂で気持ちの悪い男で、ある女性と別れたことと先日まで結婚をささやく永遠とか、詩のような形で愛を語っていたのに、今は別れた彼女の悪口を書き込んでいるという話しを聞いた.どうしてまだその人のブログを見ているのかについては聞かない.それからもう別の人にブログでアプローチしているその男性について、あいつはやれれば誰でも良いんだと冷たい、恨みの隠った声で言った.1・2年生の時はこんなことをいう彼女ではなく、その時の彼女と今の彼女の差にどう接していいものか行き詰まり、もう給食食べれるみたいだよと話を切り上げた.

給食室では先生を手で手招きして呼び寄せるようなとても気の強い女の子と、ふわりとした物腰のやわらかいけれど、毒舌な芸能人が好きな女の子、遅刻して授業に行った子も合流して一緒に食べた.

3年目から早い時間帯の授業を取っていて、最近はほとんど給食を食べない自分にとってこの場をいつも1・2年の時と比べてしまう.あの頃に比べ、皆顔つきがすこし暗い.引き締まったというかそれは大人になって成長した証なのかなと考えるものの、何度考えてもわからないまま、そういうものなんだとその場にいるみんなと同じようにそれを受け入れる.

変化、諸行無常の理.なんでもいいけれど、朗らかさを失うのは少し寂しい.


2011

2010年11月27日土曜日

合否発表

こんばんは.

今朝支度を済ませ、学校に行く頃には今日合否の書類の郵送が行われることを意識して、実はそれよりも早く、布団の中でぼんやり思い浮かべていました.

そして今日は数学の授業で尊敬している物理科志望の友人が出席しておらず、それだけで半分以上がっかりしました.

授業中、先生は自分の進路について心配したり案じているのではなく、ただの好奇心で追求や数学科について毎回似たような話をするので、他の生徒の時間を使うことに罪悪感を感じ、しかし先生の僅かな好意を無視するわけにもいかず、冗談を交えながら話し、それは大抵自分が馬鹿な発言をして笑わせるのですが、最初は自分と友人と先生くらいしか笑わなかったのが徐々にクラス全員で笑うようになり、自分もみんなで共有すれば罪悪感を感じずに済むと思っていたけれど最近はそれが嫌になり、先生も自分が本気で発言していると思っているようで、この道化のまま卒業するかと思うと、純粋な数学に対する喜びを抱いて黒板を見るのではなく、感情をどこかにおいてきてしまったような、哀れな老人のようで正確には老い方をしたような人となり、それは老人という形にもならない、中途半端で枯れ切った潤いを失った行き場の無いさかなのようでした.

緊張と落胆、希望を見出したり、道化を行き来しているうちに、自覚はなかったけれどきっと混乱していて、だれかそんな冗談は止して虚勢を張らなくていいと言ってくれないだろうかと願いつつ、帰りのエレベーターで先生とお別れしてまっすぐ帰る気にもなれなかったので、気分の落ち着く物理室に向かいました.

節約のためまっすぐ帰ることと、元家庭教師の先生の家に遊びに行くことで散々迷って出した答えは家に帰るだったのに、スパゲッティをご馳走すると強引で、また最初に自分が言い出したことでもあるので結論を覆し、先生の家に向かいました.

途中、電車の乗換えで新橋を通るのですが、初めて来たときはサラリーマンだらけでビルも何もかも大きく、ここがいつもニュースに出る酔っ払いのいる場所かと思うと興奮して散策したい気分に駆られましたが、幼稚な感情に浸ってる場合じゃないと、今回の新橋はあまり面白くありませんでした.

そして今日は酸味の効いたトマトが食べたかったのでミートソーススパゲッティを提案すると、牛の薄切り肉を使うというので、ひき肉が良いと言い合いになりながら普段どおり先生の意見が通って買い物は終えました.

相撲が終わってからではないと料理は作ってくれないので、一緒に前菜のお刺身を食べながら、把瑠都 対 琴欧州や白鵬 対 魁皇を見ました.

お相撲さんのぶつかり合いや組み合う姿は格好良く、奇麗だと思い、最近見るようになりましたが、組み手や決まり手や誰が誰だかわからないのでそれが判る先生を羨ましく思いました.

出来上がったスパゲッティは予想を裏切ってとても美味しく、トッピングにチーズとパセリがあったけれどなにも入れない状態で一杯食べ、お代わりもしました.
その後はのんびりソフトボールと陸上のアジア大会を見て、1600mの男子リレーで前を走る走者を抜かそうとする日本代表に歓声を上げたり、ぼーっとテレビを観賞していました.

時間も遅くなり、帰る頃には外は小雨が降ったあとのようでとても気温が低く、頬で感じる冷たい空気の心地よさに浸りながら、駅まで送ってもらい切符を買うと、切符番号占いの両端の数が揃うと好きな人と両思いとなり、真ん中の数がどれだけ両思いかパーセントで出るというもののために番号を確認すると「4114」とあって両思いだと喜ぶと、それを合否に例えてこれで合格間違いなしだねと先生が言うので、正直に不合格な気がすると答えると、落ちた時のことを考えて適当なことを言うと本当にそのとおりになっちゃうよと繰り返し強く言うので、科学的な裏づけがないことは目の前で種も仕掛けもない状態で人が中に浮いたとしても信じないといっていた人が、なんてことを言うのだろうと可笑しかったけれど、きっと好意なんだろうと思い、黙ったままお別れしました.

車内でさっきの言葉通り気持ちを合格に向けていると、その切符の番号の4は両端あることは単に両思いなだけでなく、4で合わさっているので、しあわせだ!と発見し、根拠のない期待で胸を一杯にしました.

最寄り駅に着き、軽い操状態で家に向かうと携帯が鳴り、また父親が帰りが遅いことを怒っているのかとうんざりすると受話器から声が遠くに聞こえ、何を言っているのかわからないまま、弟に代わると言われ、珍しいなと思っていると、「おねえさん、合格発表の書類届いたよ。失格だってー!」と喜んで話すので、見たの?と聞くと見たみたと答え、しかしそれなら不合格というだろうと思い、彼の適当な言葉にばれていると言うと、少しつまらなそうな声を出し、まだ開けてない、開けて良いか聞くのでそれを制止し、全速力で家に帰りました.

中々隠して弟が渡してくれなかった書類には「合格通知書在中」と書かれており、開けて合格通知書を見てやっと本当に実感しながら、いつもお世話になっている人に報告をしました.

実力の伴わない合格に父親は何も示しませんでしたが、それでも自分のこれだけは人生においてきちんと勉強しておきたいと思う唯一の数学を学べるチャンスを得たことは何にも代え難く、とても嬉しかったです.


よっしゃああー!!!!!
もっともっと頑張るぞーー!!!!★!




今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました.

2010年10月17日日曜日

Forma de amor

こんにちは.

今日は色々あって夜の2時を過ぎても眠れないまま日曜日の3時に約束を控え、このまま寝てしまったら約束の時間に間に合う自信がなかったので、寝ずにその約束の人のためにサンドイッチを作ることにしました.

料理をするときの感情を伝えようと何度か書いてみたもののしっくりきませんが、包丁が固体を切り分けるときの潔さというか、これから作る料理の構想もすべて食べる相手を想って考える楽しさや、匂いも色も形も最初はそれぞれ独立して無関係だったものが美味しいものに変わるという単純な喜びについて言いたかったです.

それとサンドイッチを作る理由は材料の問題だけではなく、自分が生まれたときから面倒を見てくれていた女性と最後に行ったディズニーランドで買ったお昼ごはんのサンドイッチのボックスがとても上等で、2人で感動しながら「この容器、もってかえってまた使えばいいじゃない」とにっこり笑顔で言われたことをずっと忘れずにいて、いつかその容器を使いたいと思っていたことがとても強く、今しかないと思いました.

いつも以上に真剣で丁寧で慎重に作業をしては、一体受験生なのに何をしているんだろうとぼんやりしながらも、作る相手の喜ぶ姿を思い描いたり、ディズニーランドに行った時のもう僅かで淡い気持ちに浸ることが幸せで、つい作りすぎてしまいました.

味はツナとトマトのものと卵とレタスのサンドイッチで、両方ともマヨネーズが入っていてこってりしているので、デザートにクレープフルーツをカットしたものも別のタッパに詰めました.





サンドイッチ、喜んでくれるといいな:)


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました.

2010年10月4日月曜日

期末試験 9/30

こんばんは.

9月の終わりに期末試験があり、慢性的な勉強不足が祟ってどえらいことになってしまい、元家庭教師の先生にお願いして2人とも2日間以上の徹夜で試験に臨みました。

数Ⅲに関しては1から10あるならマイナス32くらいから分からないことがあり、そのたび先生に尋ねて解くものの、説明されて理解するのがやっとで、試験に出されて解けるのだろうかという不安でいっぱいになり、どんどん先に行く先生に八つ当たりしながら勉強し、数Cは1から10あるならマイナス17くらいで多少計算が楽なことが幸いして、解けるたびに楽しくなり、順調でした.

試験は、

1日目:物理
2  :数C
3  :数Ⅲ
4  :化学Ⅱ ライティング

で、(恐ろしい)数Ⅲより数Cのほうが先となり、推薦で必要な条件として数学の評定を数Ⅲと数C合わせて7が必要なので、数Cで4か5を取り、数Ⅲで3を取る作戦でしたが、数Cは大問が大体10問あった中で2つ解けなく、また小さい計算も1つ出来なかったので、まず5は無理だろうとなり、落胆しながらも、数Ⅲで挽回ということで先生と解き解きましたが、まさに最悪の出来で、推薦枠は絶望的でした.

自身で対峙せねばならないことを他人に頼れるはずもなく、腕や背中の外側の筋肉がぼわーっとあたたかく溶けていくようで、もっと形容するなら身体中の細胞の核が生命の活動を徐々に止め出す感覚で、自業自得と解っていても不甲斐無いさが入り交ざってうまく割り切ることが出来ず、情けないというだけでは止まらない、鼻先から眉間にかけての頭部が重く、どこに視線の焦点を合わせて良いのかわからない状態で、ふらふら歩くのも感傷に浸るようていけないと思いつつ、それでも思うように力が入らず、仕方がないのでまるで何かこのあと用事があるようなふりをして外を歩き、家に帰りました.

翌日、だらだらと浮き沈みを繰り返すのはそれでも数Cの結果次第で推薦が取れるのではないかと期待するからだと思い、数Cの先生に止めを刺されにいこう決心し、数学の職員室に向かいました.

しかし、扉の前までくるとあっけなく気持ちは揺らぎ、現実を受け止められなくて成績を聞くことを止めたい気持ちでいっぱいなのに、勉強時間をを削ってここまできたんだからというなんとも打算的な考えに負け、ドアをノックすると、目の前に数Cの先生が立っていて、もう逃げられない状況でした.

数Cの先生は白髪と黒髪が6:4ほどの髪と対照的に何故か肌が焼けていて、よく物理や化学の実験室の廊下に張り出されているハイキング部の定期的な新聞の「登魂(とうこん)日記に写真で出ており、おおよそアウトドアに見えない雰囲気の人なのにと、緊張と矛盾してぼーっと眺めながら成績について聞くと、成績会議というものをしてからではないと正確な成績を生徒にはいえないことになっているそうで、ずっと言葉を濁し続け、やはり推薦枠に届かなかったからこういう反応なんだと完全にあきらめていたところ、変なタイミングで先生は数Cはあなたが一番点数が良かったと告げて、だから希望を捨てないでくださいと重ねて云い、本当にこの人は良くわからない人だと思いつつ、さっきまでとは一転してうれしくてもうすぐ挨拶を済ませて物理室に行って物理の先生にそのことを報告すると、やったー!合格だー!!と万歳してくれて、先生の気遣いにとても感謝しながら、次に元家庭教師の先生に名前を偽って電話して報告すると、ほっとしたような声となり、これで4だったら悔しいねといわれましたが、とりあえずなんらかの形で成果が出たことにもう満足だったので、枠に届かなくてもいいやと思いましたが、その後試験がすべて終わり、くたくたなのに元気いっぱいで、試験が終わったら美味しいものをご馳走してもらう約束があり、お好み焼きを食べることにしました.





定員さんに焼いてもらったお好み焼きはふわふわしてとても美味しく、
一瞬で食べきってしまい、またその一瞬に沢山の喜びが入り混じってそれを
お好み焼きを通じて共有できたことが、とてもとても嬉しかったです.



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました.

2010年9月6日月曜日

地震

こんばんは.

今日は早くに授業が終わり、学校で勉強したい気分ではなかったので終わり次第、逃げるように学校を飛び出して家に帰りました.

本当は元家庭教師の先生にスパゲッティをご馳走してもらうはずだったのですが、推薦に大きく影響する前期の期末試験が近いので断りのメールを出して、駅までの道をてくてく歩きました.

帰る途中、父の会社の最寄り駅に降りて大きなドラッグストアで買い物をしようと思い行ったものの、目当てのものはおいておらず、がっかりしながらこういうときは余計なものを買いやすい状態だから気をつけなくてはと思っていると、破格の値段で良さそうな食器用洗剤が売っており、これはのるべきかのらざるべきかと悩みながらやっぱり買いだ!と結論付けて知り合いの一人暮らしの人のために買いました.

家に帰ると最近頻繁に起こる地震のせいで机の上は壊滅的な状態となり、これでは勉強が出来ないので掃除することにしました.

部屋はあまり大きくないので床→机の順で掃除するのが一番効率的で、この順を変えると気が重くなると云うか、まごついてしまいとても不快なのですが、ほかの人も掃除をするときそういうこだわりみたいなものを持つのだろうかと、ぶうーんと思い切りのよい勇ましい音のする掃除機をかけながら考え、その場で答えの出ないことを考えるくせはどうにかしなければと思いました.

床が片付いてから洗剤の件をその人に伝えるととても喜んでくれて、さっぱりした何もない畳の上でさっきまで活躍していた掃除機を枕代わりにしてつい長電話をしてしまいました.






机の上のプリントは試験勉強に使おうととっておくものの、すべてバラバラに保管してあるため必要なときにつかえないと困っていましたが、100均でファイルを2つ買い、足りるかなと不安になりながら紙を収めていくと余裕は十分に残して机は片付き、誰かにこのファイルをプレゼントしたくなりました.


・災害直後・



・復興後・




…もう違和感の原因にお気づきだと思います.
最近目立った地震、それも頻繁に地震なんて起きていないことに.

しかし異常気象の近頃、もう9月だというのに元気な日差しを存分に浴びて家に帰り疲れて部屋に入って机が目に入った時、その惨事に地震が起きたと身体が勝手に反応してしまい、そのことが衝撃的だったので記事にしました.


やっぱり掃除は苦手です.

でも棚を左から背の高いものの順に並べるのは大好きで、眺めるのも大好きです.


自慢の降べきの順!★*。



今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました.